会社案内

ごあいさつ

当社は昭和33年、東京都世田谷区にて創業者 西浦 錬太郎により設立致しましたその後昭和45年、相模原市に拠点を移し現在に至ります。

創業当初から変わらぬ当社の考えは「職人主義」であること。めざましい科学技術の進歩に伴い、世の中のものづくりはオートメーション化・大量生産化の一途をたどってきました。そんななか私たちは、大規模設備投資などによる効率性の追求よりも、「人間の育成」に力を注いでまいりました。高い技術を持つ職人集団による付加価値の高い仕事。これこそが当社の強みです。

これまで、精密機器や医療機器、特殊な自然条件下での使用、デザイン重視の美しさを追求した塗装など、数多くの製品を手がけてきた私たち。その豊富なノウハウと実績を生かしたクオリティーの高い塗装は、多くのお客さまに喜んでいただいています。そしてそのお客さまの笑顔が、私たちの何よりの励みになっているのです。

今後もさらなるご期待に応えるべく、実直に努力を続けてまいります。

一層のご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。


《 社訓 》

思考展開


自ら目で見、創造し、考え自社が保有する技術の応用、展開の道を常に求める事に努力する

《 品質方針 》

感謝の心で己を磨け


技術技能の向上に常に努力し、新しい需要に対応できるよう日々精進し、お客様に喜んで頂くと共に、自らがその喜びを感じ得よう

代表取締役 瀬戸 裕昭

沿革

昭和27年
東京都世田谷区にて、創立者 西浦 錬太郎により、光学機械の塗装を主として個人営業開始。
着実に技術の向上を推進し、お客様に信頼を得る
昭和33年有限会社に改組し、その後各産業分野の工業製品塗装を営みお客様の御指導、御協力を得て、昭和42年本社工場の他に世田谷工場を増設
昭和46年本社営業事務を残し、本社工場を相模原に移転し事業の拡大を図る
昭和55年本社営業事務、世田谷工場を相模原に移転統合し事業の集中化を図り、一般金属塗装並びに導電塗装、試作品塗装をベースとして、お客様のニーズに応えるべく多品種少量の技術管理及び生産管理の充実を目標とし展開中
平成2年新社屋落成
平成9年取締役 瀬戸 裕昭 就任
平成18年代表取締役 瀬戸 裕昭 就任
平成19年神奈川県工業塗装協同組合 理事就任
平成25年神奈川県工業塗装協同組合 専務理事就任

会社概要

社名西浦塗装工業所
代表取締役瀬戸 裕昭
設立昭和27年12月
資本金300万円
従業員数
8名
所在地
〒252-0206 相模原市中央区淵野辺2-18-15
電話番号
042-754-8136
FAX
042-754-8270
E-mailnci.web@nishiura-p.com

主要取引先

  • 三鷹光器 株式会社
  • 株式会社 光電製作所
  • 株式会社 ミカミ
  • 株式会社 二光製作所
  • 株式会社 長谷川製作所

取引銀行

  • きらぼし銀行 淵野辺支店
  • 横浜銀行 淵野辺支店

当社の取組み

◉環境理念

自然と人間の調和のとれた共存性を原点から再考し、人類が求めている環境保全と、企業における社会的責任を充分理解し、環境に配慮した 事業展開、推進を行う。


◉環境方針

事業活動がもたらす環境への影響の把握、不使用物質排除の継続 的実施。

社内における環境保全の意識の向上。

同業種、異業種交流における環境コミュニケーションの高揚。